モデル 俳優 歌手 芸能人

YOSHIがバイク事故で死去!最近見なくなってた&多くの追悼の声も!

どんな大物相手にも怯むことなく、多くの人から愛されていたというYOSHIさん。

そんなYOSHIさんが、わずか19歳でこの世を去りました…。

一体、YOSHIさんの身に何が起こったのでしょうか?

今回は、YOSHIさんの事故についてや世間の反応も調べてみました。

 

 

 

・プロフィール

 

引用元 https://instagrammernews.com/

 

名前 YOSHI (よし)

本名 佐々木 嘉純 (ささき よしずみ)

生年月日 2003年2月26日

現年齢 19歳

出身地 広島県尾道市

身長 165cm

血液型 A型

所属  STARBASE

 

 

父親は香港出身の中国人、母親は日本人のハーフ。

父親はでインテリアデザイナーとして働き、母親は繊維会社の販売部長を務めている。

小学校の頃からファッションに興味を持ち始め、13歳より、有名ブランドのモデルやショーに多数出演。

2019年5月にアーティストデビュー。

同年9月、映画『タロウのバカ』で俳優デビューした。

本名の「ヨシズミ」の“ズミ”は外国人が発音しにくいことから『YOSHI』と名乗る。

 

 

 

・最近見なくなってた…?

 

2019年にアーティストや俳優としてもデビューを果たしたYOSHIさん。

どんな芸能界の大物と相対しても物怖じしない、その自由奔放なキャラと確かな歌唱力で一躍注目を集めました。

YOSHIさんの魅力に惹きつけられた芸能人も多く、被災地を元気づける復興プロジェクト「YOUR RESTAURANT」を共に企画した紗栄子さんとは熱愛疑惑が浮上するほど可愛がられたそうで、森七菜さんも憧れの人としてYOSHIさんの名前を挙げるほど。

しかし、あれから3年…。

YOSHIさんを“最近見かけなくなった”といわれているそうなんです。

 

 

YOSHIさんが俳優活動を定期的に続けてこなかったからか、ゴシップ記事でYOSHIさんの名前を久々に目にしたという投稿がいくつかありました。

しかし、YOSHIさんが芸能界を去ったというわけではありません。

 

今年11月には、X JAPANYOSHIKIさんプロデュースのボーイズグループオーディション『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』のボーカルにYOSHIさんが選ばれ、大きなプロジェクトが始動・・・するはずでした。

 

引用元 https://twitter.com/

 

最後のツイートに「いつ何が起こるかわからない」とあるように、YOSHIさんの身に悲劇が襲い掛かったのでした。

 

 

 

・バイク事故で死去…

 

11月5日午前0時すぎ、神奈川県川崎市多摩区の交差点で、YOSHIさんが運転していた大型バイク「ハーレーダビッドソン」が右折してきたトラックと衝突。

緊急搬送されたましたが、およそ2時間後に搬送された病院で死亡が確認されました。

 

YOSHIさんの所属事務所は、「YOSHIを応援してくださっている皆様に謹んでご報告いたします。弊社所属アーティストYOSHIこと佐々木嘉純が11月5日(土)に都内の病院にて交通事故のため永眠いたしました。生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせいたします」と報告。

また、「YOSHIは現在進行中のYOSHIKIさんがプロデューサーを務められているオーディション『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』において、バンドメンバーに選考され、デビューに向けて準備を進めておりました。これからスタートという中での突然の悲報に接し、スタッフ・関係者共に、未だ現実を受け止めきれない状況です」と心境を明かしています。

この報道を受けた世間の反応は…。

 

 

自分より若い人の死はなんとも言えない気持ちになりますが、YOSHIさんの場合はこれからスターへの階段を上っていくところで、その才能が失われたことにショックを受けている人が多数いました。

YOSHIさんの考えはまさにスターで、自身が活躍することで勢いのある日本にしていきたいと考えていたようです。

 

日本もバブルのときはすごく勢いがあったっていう話を聞いて、それと比べると今の社会って行き場がなくなっちゃってるっていうか、目的を探しづらいというか……。俺にとっては目的って大事で、目的を持たない人生は終わりだと思っているから、自分が活動することで、そうじゃない世の中をつくりたい。

出典 WWD

 

・・・YOSHIさんの願いは叶いませんでしたが、いつかYOSHIさんが思い描いたような活気ある日本になっていくといいですね。

 

 

 

・多くの追悼の声も…

 

YOSHIさんの訃報を受け、芸能界などから追悼の声が相次いでいます。

YOSHIKIさんはオーディション『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』でメンバーに選ばれたYOSHIさんらバンドメンバーとLAでレコーディングした際の笑顔の写真などを添え、「人生の1秒,1分,何かの時間がずれていたら、友達は生きていたのかもしれない..悲しい」とやりきれない思いをツイート。

 

その後、「アーティスト/友達, を亡くして,精神的にショックが大きい。オーディションを続けるべき?相談相手だった母も、もういない。」と自身がプロデュースするオーディション企画を続行すべきか悩む胸中も吐露しました。

RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さんは、自身のインスタグラムでYOSHIさんとの2ショット写真を投稿し、「はやすぎんだろYOSHI まだ一緒に酒も呑んでないじゃん」とつづり、赤い花の絵文字を添えました。

 

Hi-STANDARD」の難波章浩さんはツイッターで「YOSHIさん..辛いよー」と吐露。

 

The Breakthrough Company GO」代表で広告プランナーの三浦崇宏さんは思い出の動画をアップし、「YOSHIくん、会うたびに、眩しすぎるほどの笑顔で周りの人々を照らしてくれた。スター性とはこういうことかと思い知らされたよ。生き急いでいたね。決して忘れないよ。謹んでご冥福をお祈りすると共に、ご家族や友人の方々の心が安らかであることを願います。また会おう」と投稿。

 

また、YOSHIさんが主演を務めた映画『タロウのバカ』公式ツイッターは、「映画『タロウのバカ』の主演俳優のYOSHIさんが11月5日急逝されました。あまりにも突然のことでスタッフ一同、驚きと哀しみに堪えません。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と投稿。

 

YOSHIKI SUPERSTAR PROHECT X』で審査員を務めていた、ダンサーのTAKAHIROさんは「ミュージシャンYOSHIさんの訃報、突然のことで胸が締め付けられる思いです。ご一緒していたオーディションが進む中、ステージ裏でのYOSHIさんは、優しく実直な心を示してくださっていました。心からお悔やみ申し上げご冥福を心よりお祈りいたします TAKAHIRO」とツイッターで追悼。

 

自民党甘利明・前幹事長は自身のツイッターで「YOSHI君の訃報に接し心からお悔やみ申し上げます。YOSHI君はハイブランド・モデル、歌手そして天才俳優と言われまだ19歳の若さでした。デビューしたての頃、東京国際映画祭のレッドカーペットを共にしました。自民党2019のキャンペーンPVに安倍元総理と共演してくれました」と綴り、「世界中から弔意が寄せられているそうです。さながらジェームス・ディーンのように」と、YOSHIさんとジェームス・ディーンさんを重ねていらっしゃいました。

 

政治の世界からも追悼の声があがるなんて、どれだけの人から将来を嘱望されていたのか…。

YOSHIさんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

-モデル, 俳優, 歌手, 芸能人

© 2022 エンターテイラー Powered by AFFINGER5