YouTuber

コレコレ(YouTuber)は一体何者?ドラマ出演決定&なぜ人気なのかとの声も?

暴露系YouTuberとして有名なコレコレさん。

コレコレさんとはいえば、先日、6人組エンターテイメントユニット『すとぷり』のリーダー・ななもり。さんのスキャンダルを暴露し、ななもり。さんが活動の無期限休止を発表する事態となりました。

他にも色々な人物の悪事や問題を暴露をしてきたコレコレさんですが、彼は一体何者で何がきっかけで暴露を始めたのでしょうか?

また、地上波ドラマに初出演されましたが、人気の理由も気になりますね…。

・・・ということで今回は、コレコレさんについて気になることを調べてみました!

 

 

 

・プロフィール

 

引用元 https://twitter.com/

 

名前 コレコレ 本名 青木 駿(あおき しゅん)

生年月日 1989年8月12日

現年齢 32歳

出身地 広島県

血液型 A-A型

身長/体重 177㎝/96㎏

所属 株式会社ライバー MCNはUUUM

 

 

・一体何者…?

 

ライブ配信の王」や「ネット界の文春砲」とも呼ばれ、鼻マスクをつけた姿がトレードマークのコレコレさん。

最近は暴露系YouTuberとして注目されているコレコレさんですが、私がコレコレさんを知ったのは、まだ暴露系YouTuberとして目立った活動はされていなかった頃で、面白いトークや歌、声真似などが印象的でした。

 

コレコレ」の由来は、女子高生が買い物をしている中での会話内において、「あー、コレかわいいよねー!」「あー、コレコレ、かわいいよねー!」からといわれていますが、コレコレさん曰く、実はゲーム『テイルズ オブ シンフォニア』に登場するコレットというキャラから名前を取っているそうです。

 

また、本名が駿であるため、電話手続きなどで名前を聞かれた際は「宮﨑駿の「はやお」と書いて「しゅん」です」と説明するんだとか。

そんな気のいいお兄さん的な存在だったコレコレさんは、何がきっかけで暴露系YouTuberとして注目されるようになったのでしょうか?

 

コレコレ:やり始めたというのはまた違くて、これやりたいってなったわけじゃないですよ、このスタイルって。例えば、悩み相談もそうなんですけど、元々は視聴者と話をするところから始まったんですよね。何を話すかってなったときに、じゃあ、悩みあるから悩み話そうみたいな。その前に、例えば歌が好きだから聞いてくれとか、一発芸するとかが、だいたい最初は多かったんですよ。ある日を境に、それが悩み相談になって、僕がズバズバ解決するのが視聴者にウケたのを見て、じゃあコレコレに相談すれば、わりと解決してくれるんじゃねってなって。最初は、恋愛相談だったりとかたいした話じゃなかったんですけど、それが、今でいう大物の不祥事だったり犯罪行為だったりとか被害者の話に変わっていったみたいな感じですね。

出典 J-CASTニュース

 

当初はリスナーの質問に答えるスタンダードな配信でしたが、次第に悩み相談となり、そして犯罪被害者からの相談がきっかけで、次々と暴露情報が寄せられるようになったそうです。

ここで、コレコレさんのこれまでの経歴を振り返ってみたいと思います。

 

著書「告発~誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇」によると、コレコレさんは小学校時代にいじめに遭い、6年生から不登校に。

なんとか環境を変えようと、必死で勉強して県下でも有名な中高一貫の私立進学校の男子校に入学。

16歳の時に学年でトップの成績を取ったご褒美として、親に買ってもらったパソコンで「配信」の存在を知り、ライブ配信に目覚めたそうです。

 

2005年、「BARギコっぽいONLINE」で初めての配信を開始。

最初は視聴者が3人ほどしかいなかったそうですが、ほぼ毎日配信を続けているうちにサイトで一番の人気者になることに成功。

 

しかし、2008年8月ににBARギコっぽいONLINEをアクセス禁止にされ、他にも「ねとらじ」や「こえ部」でもアクセス禁止にされたそうです。

そして転機が訪れます。

 

2009年7月から「ニコニコ生放送」にも参入すると、雑談、逆凸、ゲーム実況、凸待ち、声真似、女声で男性とスカイプ通話をするという配信でトップクラスの配信者に駆け上がりました。

2013年12月にツイキャスで初めて配信を行い、2014年12月にYouTubeチャンネルを開設。

2016年夏頃から本格的にYouTubeへの動画投稿を始め、広島から東京に活動の場を移しました。

 

 

タバコのポイ捨てを注意する動画」「振り込め詐欺業者を撃退する動画」や大物YouTuberとのコラボなどで注目を集め、2019年9月30日には、YouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破しました。

同年8月31日には、女性アイドルグループ「コレって恋ですか?」を結成し、プロデュースするなど活動は多岐にわたります。

 

 

 

・なぜ人気…?

 

3月21日現在、コレコレさんのYouTube公式チャンネル登録者数は180万人を目前にしており、今も増え続けています。

ちなみにコレコレさんの年収は1億円以上あるそう。

その人気の高さはどこにあるのでしょうか?

ツイッターに投稿されているコレコレさんの評判を調べてみました。

 

 

人気の秘密は、配信が面白いからというシンプルなものであり、コレコレさんの歯に衣着せぬトークも魅力のようです。

 

世間の闇、テレビでは放送されないようなことをファンは求めている」とコレコレさんは語るように、最近の配信では有名人の悪事を暴露することで人気を集めています。

人気YouTuberだったワタナベマホトさんの少女への犯罪行為をコレコレさんが生配信で暴露し、その後ワタナベマホトさんが逮捕されるというニュースは世間を大きく騒がせました。

 

また、コレコレさんが今年3月9日に行った配信では、『すとぷり』のリーダーである、ななもり。さんが、複数の女性に対して不貞行為や日常的なモラルハラスメントが行われていたことを「同棲中の婚約者」と名乗る女性が告発しました。

この告発を付け、ななもり。さんは「ある女性との間で子どもを授かりながらも、別の女性との関係も続けておりました」と一連の報道を認め、活動休止を発表しました。

この暴露も大きな反響を呼びましたが、一方で「すとぷり」ファンからは不満の声が聞かれました。

 

 

暴露された本人に非があったとしても、自分の推しがダメージを受けるとファンは嫌な思いをしてしまうものです。

コレコレさんは人気配信者でありながら同時にアンチの多さもかなりの数だとか。

 

2021年1月には、大量の虚偽通報が入ったことによりTwitterアカウントが凍結されてしまったそうです。

すぐに凍結解除されましたが、アンチの多さがこのような事態を招いたようです。

また3月18日には、自身の動画の一部に「法的な申し立てに基づき、このコンテンツはお住まいの地域ではご覧いただけません」と表示され、日本国内での視聴が不可能となっていることを生配信で報告。

 

その原因は、「UUUMによって日本での視聴にブロックポリシーが設定されている」とのこと。これを受け、コレコレさんは「UUUMのMCNに加入しているのにUUUMから圧力…」と仲間であるUUUMに敵対行為を行われたと語っています。

実は昨年1月、コレコレさんはUUUMなどから動画を削除するよう圧力をかけられていたことを告白。

過去に100本ほどの動画が削除されたことを明かしていました。

 

ただ今回は、法的な申し立てをしたとされるUUUMはこの申し立てを否定し、ブロックポリシーは解除されたようです。

YouTube側のミスでなければ、誰かがUUUMを騙って申し立てした可能性が高いようで、やはりアンチの仕業なのかもしれません。

暴露のターゲットとなったファンやアンチからは「悪いやつ」と恨まれがちなコレコレさんですが、なんと先日放送されたドラマでも“主役を追い詰める、悪いやつ感ある”キャラを演じられたんだとか…。

 

 

 

・ドラマ出演決定…?

 

配信は「台本のないドラマ」と語るコレコレさん。

そんなコレコレさんは実際のドラマにも出演されるんだとか。

 

コレコレは本作の出演について、「ネットで生放送をしている人が皆さんの身近なコンテンツになっているんだなと感じました」とコメントし、「主役をさらに追い詰める立ち位置なのがまた悪い奴感あって良いですね」と脚本を読んだ感想を明かす。さらに、「演技という演技はしてなくて、いつも自分がやっている生放送っぽく台詞を言っているので、いつもの私を見てください」と語っている。

出典 シネマトゥデイ

 

3月20日に放送されたZドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」の第4話で民放ドラマ初出演を果たしたコレコレさん。

 

引用元 https://twitter.com/

 

昨年もABEMAオリジナルドラマ「箱庭のレミング」に迷惑系YouTuber役で出演するなど俳優としても注目を集めています。

コレコレさんが高校時代に配信を始めた頃は、ただ単純に、誰かに「自分の思いを伝えたい」「会話したい」という思いだったそうです。

現在は配信のほか、音楽活動に俳優と活動は多岐にわたっており、誰かに「自分の思いを伝えたい」という思いは様々な形で達成されているのではないでしょうか?

ただ、過去に演じた迷惑系YouTuberにはならないように、これからも一線は越えない配信で多くの人を楽しませてもらいたいですね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

-YouTuber

© 2022 エンターテイラー Powered by AFFINGER5