話題の人物

志田愛佳の2022現在の仕事はキャバ嬢?顔が変わった&本当の卒業理由は?

欅坂46(現在は櫻坂46)の元メンバー・志田愛佳さん。

今年9月26日、志田さんは銀座のキャバクラで働くことを自身のインスタグラムにて報告。

この報告を受け、所属していたグループのファンからは様々な反応が…。

今回は、志田愛佳さんの新しいお仕事についてやそれに対するファンの反応などを調べてみました。

 

 

 

・プロフィール

 

引用元 https://instagrammernews.com/

 

名前 志田 愛佳 (しだ まなか)

生年月日 1998年11月23日

現年齢 23歳

出身地 新潟県見附市

身長 169cm

血液型 A型

所属 ONPA JAPAN (3月から業務提携)

 

 

欅坂46加入前はモデルとして活動し、2015年8月にアイドルグループ「欅坂46 第1期生オーディション」に合格。

翌2016年、欅坂46のデビュー・シングル『サイレントマジョリティー』に選抜メンバーに選出され、以後も選抜メンバーとして活動。

その後、体調不良により一時休養していたが、2018年に欅坂46からの卒業を発表。

翌年よりソロ活動をスタートし、モデルとして活動。

2020年2月には公式YouTubeチャンネルを開設した。

 

 

 

・現在の顔が変わった…?

 

引用元 https://instagrammernews.com/

 

キャバ嬢へと転身したことで話題の志田愛佳さん。

先日、キャバ嬢姿を自身のインスタグラムに投稿した際、「目はやっぱり整形だよね?」と以前と顔が変わったことがファンから指摘されていたことが印象的でした。

実は志田さんの“整形疑惑”は欅坂46時代からあったようなんです。

2018年1月、『欅って、書けない?』に出演した志田さんの“ある変化”にファンが気づき、某掲示板にスレッドを作成したことが事の発端でした。

  • 瞼だね あー、やったばっかかな 痕が生々しい
  • こいつやってんなー
  • そのままできれいな目だったのにみんな揃って銀座のホステスみたいなガッチリ閉口二重の目にしてどーするんだ
  • アイプチの後じゃね?昔アイプチしてなかったか?
  • 毎日アイテープを貼るのが面倒くさくなったのか
  • 下の瞼?と色同じだからアイシャドウ?
  • これってグロスタイプのアイシャドウ塗ってるだけじゃないの?二重の人がグロスのアイシャドウ塗ると溝にたまって線ができるのよ
  • そんな腫れてないから切開じゃないな
  • 埋没は気軽にやれるよ 腫れも一週間かそこらだし
  • 埋没ならダウンタイム一週間だから気軽にやるよ女は

結局、そのスレでは志田さんが整形について結論は出ませんでしたが、化粧に詳しい人がちらほらいるということは女性のファンも多いということなんでしょうね。

 

 

志田さんとは関係ないのですが、整形疑惑のメンバーとして現・日向坂46メンバーの名前が挙がっていたのが個人的にちょっとショックでした。

確かに初期とは目の大きさが違う人もいる印象ですが、アイドルに限らず女優さんも(役作りで体型の変化やメイクを変えることで)すぐに整形を疑われますし、人から注目を浴びる仕事は大変だなとつくづく思います。

志田さんの場合は、メディアへの露出が減ったグループ卒業後も整形を疑われることが多かったようですが…。

 

 

3年前の投稿では整形を否定するツイートを行っています。

また、昨年には整形について語る動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿しました。

 

 

整形疑惑を払拭するお話をするのかと思いきや、美容に詳しくない私からすれば整形を告白しているように感じましたが…。

正確には“美容施術”についてお話されている動画で、「ボトックス注射」でエラを目立たないようにしていることや「脂肪溶解注射(カベリン注射)」を打っていることを告白されています。

あるYouTuberはボトックス注射をしていることを告白した際、「整形していました」と動画のタイトルに表記しており、(その方の場合は視聴回数が伸びるようにあえて整形をアピールした可能性はありますが)人によっては志田さんのことも“整形”と判断するかもしれませんね。

・・・話は戻り、次の項目では志田さんのキャバ嬢転身についてお伝えします。

 

 

顔が変わったと言われている芸能人は…?

中川翔子さんの現在の顔が変わった…?

川島海荷さんの現在の顔が変わった…?

 

 

 

・現在の仕事はキャバ嬢…?

 

引用元 https://instagrammernews.com/

 

今年9月26日、志田さんは自身のインスタグラムにて、銀座のキャバクラで働くことを発表。

この度、NEXT銀座でお仕事を始めることになりました!正直驚かれた方も沢山いらっしゃると思います。本当はずっと働いてみたかったけど無縁の職業だと思い中々行動に移す事ができなかったです。だけど周りの方に相談したら応援してくれる方が多く、人生一度きりなので働いてみよう!好きなことしてみよう!と思い決めました 楽しみな気持ちも不安な気持ちも沢山ありますが本当に憧れてた職業なので0から頑張ります」と告白し、10月5日のストーリーズでは「出勤しました」とつづり、青いドレス姿で微笑む姿を掲載しました。

志田さんのキャバ嬢転身を受け、ファンからはどのような反応があったのでしょうか?

 

 

志田さんのキャバ嬢転身に嫌悪感や拒否反応を見せるファンがかなりいたように感じましたが、一方で“推しメン”と一緒にお酒を飲んだり、隣で会話ができる機会が出来たことを前向きに捉えた方がいいという意見もありました。

 

ただ、SNS以上に匿名性の高いネットニュースのコメント欄では志田さんを否定したり、叩くような発言もあり、ファンよりもアンチが多いのでは?と感じるほど。

この人は今までどこにいても中途半端、どうせトラブル起こすか投げ出すかのどちらかでしょう

これは志田さんがキャバ嬢に転身したことを取り上げた記事に書き込まれた櫻坂46ファンと思われる方のコメント。

一部報道では、志田さんが交友のあるアイドルをキャバ嬢にスカウトしているとあり、主要メンバーの相次ぐ卒業や改名など様々なことを乗り越えてきた櫻坂46のファンからすると、(この後詳しくお伝えしますが)トラブルメーカーと揶揄される志田さんに関わってほしくないと考える人がいてもおかしくないのかもしれません。

 

 

 

・本当の卒業理由とは…?

 

引用元 https://twitter.com/

 

一部ファンから異常なほど嫌われている志田さん。

どうも、それには“本当の卒業理由”や“卒業後の言動”が関係しているようなんです。

 

2018年5月3日、志田さんは公式サイトを通じて体調不良のため活動を当面の間休止することを発表。

自身のブログでも、2月頃から体調が悪くなり仕事を休むことが増え「長期の休養が必要ということでスタッフさんと話し欅坂46の活動を休業させていただくことになりました」と報告していました。

また、復帰時期について「めどが立ち次第、ご報告申し上げます」とありましたが、それから半年後の11月16日に志田さんの卒業が発表されるという事態に。

 

メンバーの卒業が決まった場合、通常は活動を終えるまで数カ月ほどあり、メンバーによっては卒業コンサートが行われることもありますが、志田さんの場合は卒業発表と同時に活動終了という、どちらかというと“クビ”に近い印象でした。

48グループや坂道系のメンバーがクビになる場合、恋愛が絡んでいることが多いですよね。

志田さんもそうだったようで…。

 

グループ在籍時代の2018年4月に『文春』によって熱愛スキャンダルが発覚。

記事に「志田と男性は互いの実家を行き来するなどし、志田が男性宅に泊まることもあった」とあり、志田さんは地元・新潟で中学時代からの友人男性宅にお泊りしていたそうなんです。

文春が男性に直撃すると「付き合ってないっす。ずっと仲のいい友達。恋愛感情も持ってないし、欅に入ってからもずっと悩んでて。体調も壊しているから、今日はみんなで励ます会をしただけですよ」と志田さんとの熱愛を否定し、ただの友人だと主張。

 

しかし、今度はトドメとばかりに“キスプリクラ”が流出…。

キスプリクラが公開される2週間ほど前に志田さんは休養に入っていることから、中学からの友人ということで乗り切る計画→ キスプリクラが週刊誌の手に渡ったことが発覚 →言い訳が出来ないので休養という流れだったと考えられます。

 

先日発表された、日向坂46の4期生の中に彼氏の存在が暴露された方がいましたが、加入前でも炎上案件となってしまうことを考えますと、グループ在籍時の恋愛がどれだけファンから嫌われる行為なのかが分かりますよね。

 

卒業後も人気Youtuberのアバンティーズそらさんの自宅に複数回通っていることが報道されたり、元Youtuberのワタナベマホトさんに欅坂46元メンバーの今泉佑唯さんを引き合わせたのが志田さんだったり、「鈴本愛佳のぶちゃらけ」というガーシーこと東谷義和さんが関わっていたとされるYoutubeチャンネルで、アイドル時代の恋愛事情などをぶっちゃけて炎上するなど、志田さんはファンから嫌われることばかりやらかしています。

・・・そりゃ、ファンからトラブルメーカー扱いされますよね。

本当に憧れてた職業”というキャバ嬢としてはトラブルを起こさないように、「日本一のキャバクラ嬢」と呼ばれるくらい活躍してほしいものです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

-話題の人物

© 2022 エンターテイラー Powered by AFFINGER5