アスリート フィギュアスケート

羽生結弦はなぜ人気なの?強さの秘訣&世界中が注目する理由は何?

2014年ソチ五輪、2018年平昌五輪において2大会連続の金メダリストに輝いた羽生結弦選手。

12月末に開催された「全日本選手権」に出場し、フリーで大技の『4回転アクセル』に挑戦しましたが惜しくも両足着氷になり、ジャッジではダウングレード判定が下されましたが、合計322.36点を叩き出し、2年連続通算6度目の優勝を飾りました。

右足首の故障により8か月ぶりの公式戦復帰で復活を印象付けた羽生選手。

五輪3連覇へ向け視界良好といったところでしょうか?

今回は、羽生結弦選手について色々と調べてみました!

 

 

 

・プロフィール

 

引用元 https://twitter.com/

 

名前 羽生 結弦 (はにゅう ゆづる)

生年月日 1994年12月7日

現年齢 27歳

出身地  宮城県仙台市泉区

身長/体重 172cm/57kg

血液型 B型

所属 ANA

 

主な成績

・2014年 ソチ五輪 優勝、2018年 平昌五輪 優勝
・2019年 世界選手権2位
・2021年 世界選手権3位
・2014年、17年 世界選手権 優勝
・2020年 四大陸選手権 優勝
・2012年、13年、14年、15年、20年、21年 全日本選手権 優勝
・2013年、14年、15年、16年 GPファイナル 優勝

 

 

 

4歳からスケートを始め、ジュニア時代には14歳で「ジュニアグランプリファイナル」に史上最年少で優勝。

世界ジュニア選手権」では、日本人選手としてはじめて中学生で優勝を果たしました。

2010年のシニアデビュー後は、オリンピック2連覇、グランプリファイナル4連覇、世界選手権で2回優勝したほか、ショート、フリーの歴代最高得点など、これまで幾度も記録を塗り替えてきた。

2018年、個人最年少での国民栄誉賞受賞

2020年四大陸選手権優勝により、ジュニア、シニアの主要国際大会完全制覇の“スーパースラム”を達成した。

五輪3連覇を目指し、前人未踏の大技・4回転アクセルの完成に挑む。

 

 

 

・なぜ人気…?

 

フジテレビ系で12月26日に放送された『全日本選手権』男子フリーの平均視聴率は14.4%と高視聴率を記録。

瞬間最高視聴率は27.0%を記録し、その瞬間に演技をしていたのは羽生結弦選手でした。

羽生選手は「右足関節靱帯損傷」で11月のグランプリシリーズ、『NHK杯』と『ロシア杯』を欠場し、全日本選手権が約8カ月ぶりの復帰戦となったことで、多くの人から注目される大会となりました。

放送中から、羽生選手に関する話題がネット上で大きな盛り上がりを見せていましたが、Twitterでどういった投稿があったのか、いくつかファンのツイートを見てみましょう。

 

 

・・・演技の感想や感動したこと、さらには羽生選手への熱い想い、中には羽生選手を神様のように崇める人もいましたし、とにかく羽生選手の人気が凄まじいことが伝わってきました。

 

引用元 https://twitter.com/

 

羽生選手がなぜこれほどの人気なのかというと、やはり見るものを感動させる演技(力)はもちろんのこと、ツイートにもあるように美しい顔、美しいスタイルということも人気を集める理由のようです。

男性に対し美人という表現を使うことは間違いではないのですが、普段なかなか男性には使いづらい言葉ですよね?

しかし、中性的な魅力を感じる羽生選手には美人という表現がピッタリではないでしょうか。

羽生選手が女性の心を惹きつけるのはなぜなのか?ということを解析している記事があり、その記事の中では羽生選手の“”に焦点を当てていました。

羽生選手が女性を惹きつける一番の理由は、「えがお顔」(真顔でも笑顔のように見える顔)にあるそうです。

 

真顔でも笑顔のように見える羽生選手ですが、笑った時のチャーミングさが芸能人や他のスポーツ選手を含むあらゆる男性有名人の中でも群を抜いています。口元は口角が上がって上の歯がたくさん見えて下の歯は見えない理想的な笑顔。老若男女から好印象を得るスマイルです。

また、競技が終わった直後のまだ息があがって口が閉じていない笑顔も魅力的。舌が見えるような笑顔は子供っぽい印象を与えるのですが、羽生選手の頭が大きくてアゴが細めの"かわいい"輪郭とも相まって、母性本能をくすぐられるキュートな顔になっています。

出典 マイナビニュース

 

えがお顔」は出世する顔なんだそうで、いつも笑顔でいると幸せもやってくるんだそうです。この記事は2015年に書かれたもので、現在の羽生選手の成功を当てたと言ってもいいのかもしれません。

 

引用元 https://instagrammernews.com/

 

また、競技中の真剣な顔とのギャップも人気の秘密なんだそうです。

確かに女性は男性のギャップに惹かれるといいますもんね。

キリッとした演技中の顔から、笑顔に変わる瞬間は同性から見ても思わずドキッとしてしまいます。

ここまで羽生選手の人気の理由を探ってみましたが、正直これだけでは羽生選手の魅力を語ることはできず、人間性も含めて素晴らしい人物としか私個人では言い表せませんし、ファンの方は是非、羽生選手の魅力をコメント欄で語ってみて下さい。

 

 

 

・強さの秘訣は…?

 

羽生選手の強さの秘訣はどんなことなんでしょうか?

羽生選手のスケートの特徴とは…。

 

・表現に柔らかさがある

羽生選手は、今日活躍する男性スケーターの中でも特に柔らかさのある演技をする選手です。

それは具体的な演技要素にも表れており、例えば背後から頭上まで伸ばした片脚を両手で持った状態のまま回転する「ビールマンスピン」のように高い柔軟性を要する技も美しくこなします。このスピンは一般的に柔軟性の高い女性選手に多く取り入れられ、男性選手からは敬遠されがちなのでどれだけ羽生選手が柔らかい表現に優れた選手なのかよく分かります。

・加点の高いジャンプ

一つ一つのジャンプにおいて出来栄えによる加点(GOE)が多く、4回転で4点以上の加点を付けられることもしばしば。基礎点が1.1倍換算される演技後半でも、変わらない質の高さで他選手を圧倒的に引き離す高得点を生み出します。

出典 カルチャ

 

羽生選手のスケートの特徴といえばジャンプですよね。

羽生選手は4回転アクセルの完成に向けて練習を重ねていますが、足への負担は大きく、諸刃の剣ともいえるこのジャンプにこだわる気持ちの強さも羽生選手の強さの秘訣なのかもしれません。

 

元フィギュアスケート選手の織田信成さんは羽生選手の強さの秘訣を「逆境に立たされてからの強さ」だと気持ちの強さにあることを語っており、小塚崇彦さんも「勝つ時は絶対的に勝つのが羽生選手。北京を見据え、構成も練ってくるはず」と優勝に掛ける気持ちの強さと目標を達成するための努力を怠らないことを羽生選手の強さの秘訣だと語っています。

羽生選手は、これまでも自らに高い目標を課すことでそれを達成してきたといいます。

 

メディアのインタビューなどで見せる羽生選手の様子からは、「自分に高い目標を課し、常に成功イメージをもつ」「目標を言葉に表し、実行する」という精神的な強さが感じられます。また、ひとつの目標を達成したあとにも、現状維持ではなく、新たな目標を更新することが、第一線で活躍し続けている秘訣にも見えます。

出典 エムタメ!

 

目標を課すことと成功するイメージを持つこと、そして実行すること。

これは羽生選手に限らず、多くの人にも役立つ考え方なのではないでしょうか?

 

引用元 https://mobile.twitter.com/

 

羽生選手は北京オリンピックに向けて、「僕にとって五輪は発表会じゃなく、勝たなきゃいけない場所。強い決意を持って絶対に勝ちたい」と語っています。

勝ちたいではなく、勝たなきゃいけないという、プレッシャーになりかねないことを公にすることは本当に強い心を持っていないとできないでしょうし、それだけ強い決意の表れなのかもしれません。

それは、これまでのように「自分に高い目標を課し成功をイメージすることで実現させる」ことに繋がっていますし、きっと北京オリンピックもその強い決意によって、金メダルという最高の結果をもたらしてくれるのではないでしょうか。

2か月後に迫った北京オリンピックが今から楽しみですね!

 

 

 

・世界中が注目する理由は…?

 

北京オリンピックが2カ月後に迫った12月末、オリンピック公式ツイッターが、羽生選手やエフゲニー・プルシェンコさんら歴代五輪金メダリストの画像4枚とともに、「歴代のフィギュアスケーターで一番のお気に入りは誰?」と問いかけるツイートを投稿。

世界中のフィギュアスケートファンが各々の応援する選手の名前を挙げていましたが、その中でも羽生選手を挙げる人が圧倒的に多かったそうです。

世界中が羽生選手に注目する理由は何なのでしょうか?

理由の一つには、成功すれば史上初となる4回転アクセルに挑戦していることが挙げられます。

練習では回転が足りる寸前までは到達していますが、まだ回りきってのクリーンな着氷はないそうです。

その難しさについては中国のメディアが解説してくれていますので紹介したいと思います。

 

中国「新浪体育」はこの歩みについて「羽生のクアッドアクセルにボルトの9秒58 人類の限界はどこにある」と、人類最速の男・ウサイン・ボルト(ジャマイカ)らと並べ分析した。

この中で羽生の4Aについて「操縦がいかに難しく、危険なものであるか。スケート靴の底にセンサーを付けて測定したところ、ジャンプの着地時の衝撃は、自分の体重の約5~8倍の力がかかっていることが分かっている。4Aは、この中で最大に達する。体に受ける風は暴風並みで、普通の人があつかえるものではない」と、いかに困難な技術かを指摘。

「もし、羽生選手が北京北京五輪で4Aを完成させたら、人類のスポーツ史の頂点に立つことになる」と称賛した。

出典 東スポ

 

4回転アクセルを成功させると、ウサイン・ボルトさんに並ぶほどの快挙となることは間違いないそうです。

4回転半を完ぺきに跳ぶためには0.2秒ごとに1回転しなければならないそうで、そのためには両腕を胸側に集めて身体を真っ直ぐにして回転する。

4回転半を跳んで降りてくると、体重の8倍の荷重が足にかかった状態で着地するため怪我をする可能性が高くなるそうです。

それだけリスクが高いジャンプに不安を覚える人も少なくありません。

 

アレクセイ・ヤグディンやエフゲニー・プルシェンコなど多くの選手を育てあげた名将、アレクセイ・ミーシン氏は大会前には「現在の人間の身体能力レベルでは、私の生涯の中では誰もクワドアクセルを成功させることは出来ないと思う」と露メディア『Sports.ru』で明かしていたが、この挑戦で考えを改めたようだ。

「ジャンプは正確には行なえなかったが、今回のユヅルの挑戦でクワドアクセルの世界への窓を開いた」

出典 THE DIGEST

 

アレクセイ・ミーシンさんは、4回転アクセル(クアッドアクセル、4回転半)成功に懐疑的であることをメディアに語っていましたが、全日本選手権の羽生選手の演技を見て考えが変わったことを明かしました。

人類の限界に挑んでいる羽生選手に世界中の人々が注目するのは必然のことだったようです。

そして、男子ではギリス・グラフストローム以来94年ぶりとなる五輪3連覇が北京オリンピックで達成されるのかにも注目が集まっています。

 

「序奏とロンド・カプリチオーソ」の美しい調べとともに完璧なパフォーマンスを見せた後の羽生の表情に脚光。「SPを終えると、復活を印象付けるかのように握り締めた拳を誇示し、胸を張った。五輪連覇王者のユヅル・ハニュウはさいたまスーパーアリーナで行われた金曜日の日本選手権のSPで輝いた」と絶賛した。

そして、足首の怪我を乗り越えたキングに対し、「北京で彼はスウェーデンのギリス・グラフストロームとノルウェーのソニア・へニーに続き、五輪で3連覇を飾ることで史上3人目のスケーターになることができる」と予想した。

出典 the answer

 

フランスのレキップ紙は羽生選手が復活したことを大々的に伝え、五輪3連覇を飾ることができると太鼓判を押しています。

 

またロシアのメディアでも羽生選手の4回転アクセルに挑戦したことを取り上げられ、北京オリンピックでも挑戦するのか関心が高まっていることを伝えています。

羽生選手は4回転アクセルについて「誰も飛んだことないんですよ。誰も出来る気がしないと言っているんですよ。それを出来るようにするまでの過程ってひたすら暗闇を歩いているだけなんです」と語っています。

今は暗闇に一筋の光が差し込んでいる状態なのかもしれません。

北京オリンピックで大きな光に包まれるのか、暗闇に閉ざされるのか・・・羽生選手の挑戦から目が離せません。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

-アスリート, フィギュアスケート

© 2022 エンターテイラー Powered by AFFINGER5