アスリート サッカー

林大地はなぜビーストと呼ばれる?年俸や市場価値は&東京五輪ではスタメンも?

【5分で分かるサッカー選手情報】

ビースト」の愛称で呼ばれている林大地選手。

今年3月、堂安律選手の怪我により、U-24日本代表に初招集されるとU-24アルゼンチン代表戦で見事にゴールを決め、オリンピックメンバーに滑り込みました。

今回は、林大地選手について色々と調べてみました!

 

 

 

・プロフィール

 

引用元 https://twitter.com/daichihayashi16

 

名前 林 大地 (はやし だいち)

生年月日 1997年5月23日

現年齢 24歳

出身地 大阪府

身長/体重 178cm /74kg

利き足 右足

ポジション FW

所属 せんりひじりSC → ガンバ大阪ジュニアユース → 履正社高校 → 大阪体育大学 → サガン鳥栖

 

個人成績

  • 2019年 リーグ戦1試合に出場1得点
  • 2020年 リーグ戦31試合に出場9得点
  • 2021年 リーグ戦20試合に出場4得点 ※7月19日現在

代表歴

  • ユニバーシアード代表
  • U-24日本代表 東京オリンピック

ガンバ大阪ジュニアユースから履正社高校に進学。

その後、大阪体育大学へ。

2019年8月、サガン鳥栖の特別指定選手に登録され、8月11日に行われたセレッソ大阪戦とのデビュー戦で初ゴール。

2020年よりサガン鳥栖に正式に入団。

31試合に出場し9得点を挙げ、チーム内得点王に。

 

 

 

・年俸や市場価値は…?

 

林大地選手の現在の年俸は700万円

FWで年俸700万円は以下の選手

  • 大橋祐紀 24歳 湘南ベルマーレ 700万円
  • 和田凌 26歳 サガン鳥栖 700万円
  • 山下敬大 25歳 サガン鳥栖  700万円
  • 小田裕太郎 19歳 ヴィッセル神戸 700万円
  • 石井快征 21歳 サガン鳥栖  700万円
  • 中島元  22歳 セレッソ大阪 700万円

林大地選手のコスパの良さが光りますね。

 

引用元 https://twitter.com/daichihayashi16

 

林大地選手の現在の市場価値は…

65万ユーロ(約8500万円)

市場価値が65万ユーロの選手は他に…

  • 松田天馬 26歳 京都サンガ
  • 遠野大弥 22歳 川崎フロンターレ
  • 小塚和季 26歳 川崎フロンターレ
  • 西澤健太 24歳  清水エスパルス
  • 竹内涼 30歳 清水エスパルス
  • 藤田直之 34歳 セレッソ大阪
  • 松原健 28歳 横浜F・マリノス
  • 小池龍太 25歳 横浜F・マリノス
  • 木本恭生 27歳  名古屋グランパス
  • 山崎凌吾 28歳 名古屋グランパス
  • 神谷優太 24歳 柏レイソル
  • 高木善朗 28歳 アルビレックス新潟

個人的には、遠野大弥選手がこれから市場価値がガンガン上がっていくのではないかと期待しています。

 

 

年俸や市場価値が気になる選手は…?

前田大然選手の現在の年俸は…?

田中碧選手の現在の市場価値は…?

 

 

・愛用のスパイク&なんでビーストと呼ばれてる…?

 

林大地選手の愛用のスパイクは、『アシックス MENACE4』(メナス4)。

アシックス MENACE4』の特徴は…

  • アッパー全面にマイクロファイバーを採用。フィット性を向上します。
  • インナー補強材を起毛調にすることでソフトな足入れをキープしながら、ステップ時の足の横ブレ軽減。
  • ヒールアップ構造のHG10mmと、アウターソール前足部に採用した低弾性ナイロンにより、緩急をつけた瞬間的な加速を追求。
  • アウターソール中足部に高硬度のナイロン補強を搭載。変形を抑え、キック時の力強いボールインパクトをサポート。

※公式サイトより

アシックス MENACE4』は、アシックスオンラインストアなどで18700円で購入できます。

https://www.asics.com

 

引用元 https://twitter.com/fbnws/status/614021709251764224?lang=fi

 

林大地選手はなぜ「ビースト」と呼ばれているのでしょうか?

ゴールを貪欲に狙う野性味あふれるプレースタイルやゴール後の雄叫びからビーストと呼ばれるようになりました。

ただ、闇雲にゴールを狙うわけではなく、柔道や少林寺(拳法)から学んだという、人のどの箇所を制御すれば体勢を崩すなど相手選手との競り合いがいかに有利に働くか考えてプレーしているそうです。

この動きはポストプレーや前線での守備にも有利に働いているようですね。

闘志むき出しのプレーをしているようで、実は研究熱心でクレバーな選手でもあるんですね。

 

 

 

・東京五輪ではスタメン…?

 

上田綺世選手が脚のつけ根付近の肉離れから全体練習に復帰したばかり、前田大然選手も脳震盪の影響で調整が遅れ、U-24ホンジュラス代表戦では林大地選手がスタメン出場しました。

ゴールこそありませんでしたが、DFを背負い堂安律選手のゴールをアシストするワンタッチパスなどポストプレーや前線での守備で勝利に貢献しました。

7月22日に行われるオリンピックのグループステージ初戦となるU-24南アフリカ代表戦では林大地選手がスタメンで起用されるのでしょうか?

まずは、7月17日に行われる国際親善試合のU-24スペイン戦でゴールという結果を出すことが一番の近道になるはずです。

 

 

 

・世間の声は…?

 

  • 豊田を越えるぐらいのストライカーになってくれ!オリンピック楽しみにしてるぞ、ビースト林大地!!
  • 東京オリンピックでの大地くんの活躍を楽しみにしております
  • 世界にビーストの雄叫びを轟かせろ!
  • 鳥栖での活躍があってからこそここのメンバーに。オリンピックで世界を相手に戦ってこれからの鳥栖を頼んだ!
  • オリンピック本大会で、ゴール決めて、俺がもっとるんじゃーい! 言って欲しい
  • オリンピックで世界に見つかればいいの
  • 林大地くん、オリンピックで大活躍して海外クラブに買われてしまう

U-24日本代表には、ガンバ大阪ジュニアユースの一年後輩である堂安律選手の怪我による追加招集で、ゴールという結果で見事にチャンスを掴み取ったラッキーボーイやシンデレラボーイとして林大地選手は注目されています。

U-24ホンジュラス代表戦で堂安律選手のゴールをお膳立てしたことは何か運命めいたものを感じてしまいますよね。

 

引用元 https://twitter.com/daichihayashi16

 

オリンピックで活躍することで海外クラブに移籍する道が開け、数年後にはA代表で堂安律選手との連携でゴールを量産することになるかもしれませんね。

美女と野獣ではなく、ビーストでシンデレラボーイの林大地選手のサクセスストーリーは始まったばかり。

林大地選手の活躍に注目していきましょう!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

-アスリート, サッカー

© 2022 エンターテイラー Powered by AFFINGER5